プロアクティブ意味ない?合わないと感じる人がいる理由

1

1

プロアクティブは、日本で一番売れているニキビケア商品
であることは、みなさんもご存知かと思います。

それでは、なぜ売れるのでしょうか?

 

効果があるからです。

 

でも、一定の割合で、プロアクティブ意味ない、効果ない、悪化した
と感じている方がいるのも事実です。

 

それでは、どんな方が効果がない、悪化したと感じるのでしょうか?

 

<プロアクティブが合わない人>
6(1)
ニキビケア商品で、人気上位のプロアクティブや、b-glen(ビーグレン)は、
アメリカで作られたものをそのまま輸入しています。

欧米系の人と日本人を比較すると、欧米人の方が肌が強いと言われているので、
日本人の中には、強い、使用後の肌が突っ張るなど感じる比率が高いようです。

 

特に、敏感肌の方、思春期の方がプロアクティブが肌に合わないと感じるようです。


敏感肌の方だけでなく、思春期の方もまだ皮膚が薄く、肌が敏感です。
更にニキビが出来た状態だと既に皮膚が非常に傷つきやすい状態です。

 

プロアクティブやb-glen(ビーグレン)は、洗顔石鹸にスクラブやクレイ(粘土)
を使っているので、更に肌が傷つきやすくなってしまいます。
ゴシゴシ洗ったりすると、角質層を無理やり剥がす事になり、
肌のターンオーバー(再生)を邪魔している可能性があります。

 

こんな方には、日本人向けの優しいニキビケア商品がおすすめです。

 

⇒日本人のために開発されたニキビケアノンエー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です